メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古訴訟

移設工事の計画 政府、予定通り着手へ

沖縄・辺野古埋め立て予定区域

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡る国と県との法廷闘争は、13日に判決が出て再び県側敗訴となった。

 政府は、那覇地裁が沖縄県の訴えを却下したことを受け、「国の主張が認められた」(小野寺五典防衛相)として、移設工事を計画通り進める意向だ。昨年4月から埋め立て予定海域を堤防で囲む護岸工事を続けており、海域で見つかった希少サンゴを4月末までに移植。今夏にも土砂の投入に着手する。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で「司法判断に従い、埋め立て工事を進めていくことが求められている。…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文525文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 米朝 遺骨捜索再開で合意
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 西日本豪雨 公立小中高の32校、早期再開を断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]