メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古訴訟

移設工事の計画 政府、予定通り着手へ

沖縄・辺野古埋め立て予定区域

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡る国と県との法廷闘争は、13日に判決が出て再び県側敗訴となった。

 政府は、那覇地裁が沖縄県の訴えを却下したことを受け、「国の主張が認められた」(小野寺五典防衛相)として、移設工事を計画通り進める意向だ。昨年4月から埋め立て予定海域を堤防で囲む護岸工事を続けており、海域で見つかった希少サンゴを4月末までに移植。今夏にも土砂の投入に着手する。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で「司法判断に従い、埋め立て工事を進めていくことが求められている。…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです