メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

与党に佐川氏招致容認論 局面打開狙う

報道陣の取材に応じ、陳謝する安倍晋三首相=首相官邸で2018年3月12日、和田大典撮影

 学校法人「森友学園」を巡る文書改ざん問題で13日、改ざん当時の財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の国会招致を容認する意見が与党内で広がり始めた。野党の審議拒否で新年度予算案や予算関連法案を巡り国会の空転が続く中、局面を打開する狙いがある。ただ与党は、野党の審議復帰をまず求めており、与野党の攻防はなお続く。【木下訓明、高橋恵子】

 自民党の岸田文雄政調会長は「信頼回復の努力として、どういった人間を招致するかは、現場(参院予算委員…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  2. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  3. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです