メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

国会攻防「持久戦」の様相 参院予算委

 財務省の決裁文書改ざん問題を巡る与野党の対立は13日も続いた。野党は、文書改ざん時の担当局長だった佐川宣寿前国税庁長官らの証人喚問を要求して国会審議を拒否。野党が審議に応じる環境をつくるため、与党の方から安倍晋三首相が出席する参院予算委員会の集中審議を提案する異例の展開となっている。それでも野党は応じない姿勢で、攻防は「持久戦」の様相を呈してきた。【村尾哲、真野敏幸】

 「あれだけ大きな事案が出てきたわけで、首相入りの集中(審議)をすべきだ」

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1087文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 浦和が7度目の優勝 仙台降す サッカー天皇杯
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. ORICON NEWS 松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです