メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

国会攻防「持久戦」の様相 参院予算委

 財務省の決裁文書改ざん問題を巡る与野党の対立は13日も続いた。野党は、文書改ざん時の担当局長だった佐川宣寿前国税庁長官らの証人喚問を要求して国会審議を拒否。野党が審議に応じる環境をつくるため、与党の方から安倍晋三首相が出席する参院予算委員会の集中審議を提案する異例の展開となっている。それでも野党は応じない姿勢で、攻防は「持久戦」の様相を呈してきた。【村尾哲、真野敏幸】

 「あれだけ大きな事案が出てきたわけで、首相入りの集中(審議)をすべきだ」

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1087文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]