メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外加計理事長、「虚偽情報」で謝罪 給与も自主返納
米国務長官解任

日本政府「寝耳に水」 情報収集急ぐ

 ティラーソン米国務長官の事実上の解任発表は、日本政府にも驚きをもって受け止められた。トランプ米大統領が米朝首脳会談に踏み切る意向を表明したことを受け、河野太郎外相は今週末に訪米し、ティラーソン氏と本格的な調整に乗り出す予定だった。出はなをくじかれた形で、外務省関係者は「寝耳に水だ。情報収集を急いでいる」と驚きを隠さなかった。

 後任に指名されたポンペオ米中央情報局(CIA)長官がいつ正式に国務長官に就任するかも見通せず、南北…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文500文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 下関 市教委に「二枚舌」批判 講演会の後援巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]