メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チベット

ラサ暴動10年「焼身以外に抗議の方法ない」

「政治犯」として3年間、中国チベット自治区ラサの刑務所に収監された経験を持つバグドロさん=ニューデリーで2018年3月10日、金子淳撮影

 【ニューデリー金子淳】2008年に中国チベット自治区ラサを中心にチベット人の大規模な暴動が発生してから14日で10年。インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府は中国に対し、自治区での「高度の自治」実現を求めているが、中国側との対話は進んでいない。中国では抗議の焼身を図るチベット人が相次ぎ、亡命チベット人の間には怒りが渦巻いている。

 「チベットに自由を!」。米政府系の自由アジア放送(RFA)などによると、中国四川省で7日、40代の…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1252文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです