メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

「クリミア返さぬ」 幅19キロ海峡に巨大橋建設

ウクライナ南部クリミア半島をロシア本土と直接結ぶ「クリミア橋」の建設現場=クリミア東部ケルチで2月

 春まだ遠い海の沖合に向け、巨大な橋「クリミア橋」を架ける事業が急ピッチで進んでいた。ウクライナ南部クリミア半島の東端ケルチ。幅19キロの海峡の先にロシア本土がある。半島とロシアを洋上橋で結ぶ事業には、「クリミアをウクライナには絶対に返さない」とのプーチン露政権の意思が表れている。

 2014年2月にウクライナで政変が起こると、ロシアは同3月18日にクリミアを自国領に一方的に編入した。「クリミア橋」建設は16年にスタート。クリミア半島は北部でウクライナ本土と陸続きだが、ロシアとはケルチ海峡で隔てられている。しかし、今年末までに高速道路の橋を架け、来年末までにはさらに鉄道も通す計画だ。半島突端のケルチから半島中部の行政中心地シンフェロポリ、さらに半島西部のロシア黒海艦隊の本拠地セバストポリを結ぶ道路建設も同時並行で進められている。

 ケルチは他のクリミアの都市と同様、道路は穴ぼこだらけで疲弊した街にみえる。だが、地元の商店経営の5…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2321文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです