メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発

3号機が14日午後5時ごろ再稼働 4年半ぶり

関西電力大飯原発の(手前から)4、3、2、1号機=福井県おおい町で2017年10月20日、本社ヘリから大西岳彦撮影

新規制基準下の100万キロワット超再稼働は初

 関西電力は13日、福井県おおい町の大飯原発3号機(出力118万キロワット)を14日午後5時ごろに再稼働させると発表した。稼働は2013年9月以来4年半ぶり。関電では既に、高浜原発3、4号機(同県高浜町)が運転中で、全国では6基目の再稼働となる。新規制基準下で100万キロワット超の原発が再稼働するのは初めて。

 順調に進めば、16日にも発送電を開始し、4月上旬に営業運転に入る見通し。関電は大飯4号機も5月中旬に再稼働させる計画。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです