大飯原発

3号機が14日午後5時ごろ再稼働 4年半ぶり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力大飯原発の(手前から)4、3、2、1号機=福井県おおい町で2017年10月20日、本社ヘリから大西岳彦撮影
関西電力大飯原発の(手前から)4、3、2、1号機=福井県おおい町で2017年10月20日、本社ヘリから大西岳彦撮影

新規制基準下の100万キロワット超再稼働は初

 関西電力は13日、福井県おおい町の大飯原発3号機(出力118万キロワット)を14日午後5時ごろに再稼働させると発表した。稼働は2013年9月以来4年半ぶり。関電では既に、高浜原発3、4号機(同県高浜町)が運転中で、全国では6基目の再稼働となる。新規制基準下で100万キロワット超の原発が再稼働するのは初めて。

 順調に進めば、16日にも発送電を開始し、4月上旬に営業運転に入る見通し。関電は大飯4号機も5月中旬に再稼働させる計画。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集