メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳引き下げ

受験時期に成人式 22年度に施行予定

鮮やかな振り袖姿で記念写真を撮る新成人たち=札幌市中央区で2018年1月8日、梅村直承撮影

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が13日、閣議決定された。改正法が成立すれば、成人式はどうなるのか。1月実施だと高校3年生の大学受験の時期に重なる。年齢が引き下げられた年度は対象が3学年にわたり、会場確保が難しくなる。開催時期をずらすべきか。すでに検討を始めた自治体もある。

 成人式のあり方を定めた法律はない。ただし、文部省(現文部科学省)は1956年に出した通達で「該当者の年齢は全国的にみると、おおむね満20歳」との見解を示している。2000年度の文科省の調査によると、全国の自治体の8割が「成人の日」がある1月に成人式を開き、帰省する人が多い8月に開催するところもある。

 18歳が成人式の対象になれば、大半は高校3年生で迎える。成人の日の頃は大学の一般入試が本格化する直…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  5. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです