国土地理院

GPSデータ活用の修正登山道を公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
蝶ケ岳付近の地図。点線が修正前の登山道。太い線が多数の登山者が歩いて記録した経路で、道はその中心部に修正された=国土地理院提供
蝶ケ岳付近の地図。点線が修正前の登山道。太い線が多数の登山者が歩いて記録した経路で、道はその中心部に修正された=国土地理院提供

 国土地理院(茨城県つくば市)は、登山者が歩きながら記録した全地球測位システム(GPS)データなどを利用し、登山道を修正した地形図(地図)を、ウェブサイトの「地理院地図」で公開した。従来の地図とは約200メートルもずれていた箇所があったという。

 公開したのは「上高地地域」(長野県、約170平方キロ)と「八ケ岳地域」(同、約72平方キロ)。登山者が持っていたスマー…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集