メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市議報酬

月2万5000円引き上げ 愛知・みよしで否決

 愛知県みよし市議会の総務協働委員会は14日、市議報酬を一気に月額2万5000円引き上げる条例改正案を反対多数で否決した。「人口規模に見合う額にしたい」と、小野田賢治市長が市報酬審議会の答申(月額4000円引き上げ)の約6倍の大幅増額を提案したが、市民の反発を懸念した形。市議2人が答申と同額の修正案を提案したが、これも反対多数で否決された。

     小野田市長は「人口規模でみよし市は県内31番目だが、議員報酬は33番目」とし、引き上げで月額報酬を40万円にすると提案理由を説明した。委員会後、「市の将来を考えた案だったが残念。真摯(しんし)に結果を受け止めたい」と話した。22日の本会議に向け、特に議員への働きかけはしないという。

     小野田市長は元市教育長で、初当選した2013年と再選された17年11月の2回連続で無投票当選だった。【中島幸男】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです