メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発避難訴訟

15日京都地裁判決 「自主」認定範囲は

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県や首都圏などから京都府に避難するなどした57世帯174人が、東電と国に総額約8億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁(浅見宣義裁判長)である。原告は避難指示などが出た区域外に居住していたが、被ばくの不安などから自主避難した人がほとんどで、「避難の合理性」を認める地域の範囲や賠償額が焦点だ。事故に対する国の責任が認定されるかもポイントになる。【飼手勇介】

 原発避難者の集団訴訟は、全国で約1万2000人が約30件提起。判決は昨年3月の前橋地裁を皮切りに、…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1059文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです