メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発避難訴訟

15日京都地裁判決 「自主」認定範囲は

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県や首都圏などから京都府に避難するなどした57世帯174人が、東電と国に総額約8億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁(浅見宣義裁判長)である。原告は避難指示などが出た区域外に居住していたが、被ばくの不安などから自主避難した人がほとんどで、「避難の合理性」を認める地域の範囲や賠償額が焦点だ。事故に対する国の責任が認定されるかもポイントになる。【飼手勇介】

 原発避難者の集団訴訟は、全国で約1万2000人が約30件提起。判決は昨年3月の前橋地裁を皮切りに、…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1059文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]