メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年

阪神被災の元教諭、福島の卒業式へ 生徒と交流

小橋誠也さん(右)ら卒業生と握手する牧秀一さん(左)=福島県三春町で2018年3月13日午後0時19分、井上元宏撮影

 東京電力福島第1原発事故のため、村外で授業を続けてきた福島県葛尾村立葛尾中の卒業式が13日、同県三春町の仮設校舎であった。阪神大震災の被災者支援を続ける神戸市のNPO「よろず相談室」理事長の牧秀一さん(68)が招かれた。牧さんは昨夏に被災体験を話したことを機に生徒と交流。「大空のように明るく育って」と青色のシャープペンシルを贈った。

 葛尾村は2011年3月の原発事故で全村避難となった。村は13年に約20キロ西に離れた三春町内に仮設…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 浦和が7度目の優勝 仙台降す サッカー天皇杯
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. ORICON NEWS 松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです