メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年

阪神被災の元教諭、福島の卒業式へ 生徒と交流

小橋誠也さん(右)ら卒業生と握手する牧秀一さん(左)=福島県三春町で2018年3月13日午後0時19分、井上元宏撮影

 東京電力福島第1原発事故のため、村外で授業を続けてきた福島県葛尾村立葛尾中の卒業式が13日、同県三春町の仮設校舎であった。阪神大震災の被災者支援を続ける神戸市のNPO「よろず相談室」理事長の牧秀一さん(68)が招かれた。牧さんは昨夏に被災体験を話したことを機に生徒と交流。「大空のように明るく育って」と青色のシャープペンシルを贈った。

 葛尾村は2011年3月の原発事故で全村避難となった。村は13年に約20キロ西に離れた三春町内に仮設…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文827文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  2. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]