メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年

阪神被災の元教諭、福島の卒業式へ 生徒と交流

小橋誠也さん(右)ら卒業生と握手する牧秀一さん(左)=福島県三春町で2018年3月13日午後0時19分、井上元宏撮影

 東京電力福島第1原発事故のため、村外で授業を続けてきた福島県葛尾村立葛尾中の卒業式が13日、同県三春町の仮設校舎であった。阪神大震災の被災者支援を続ける神戸市のNPO「よろず相談室」理事長の牧秀一さん(68)が招かれた。牧さんは昨夏に被災体験を話したことを機に生徒と交流。「大空のように明るく育って」と青色のシャープペンシルを贈った。

 葛尾村は2011年3月の原発事故で全村避難となった。村は13年に約20キロ西に離れた三春町内に仮設…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです