メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古訴訟

県の訴え却下 翁長知事「控訴したい」

沖縄県の翁長雄志知事=小川昌宏撮影

 【ワシントン高本耕太】沖縄県の翁長雄志知事は13日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国を相手取って工事差し止めを求めた訴訟で県の訴えが却下されたことを受け、「審理が全くなされないまま結審し、却下との判断が示されたことは残念だ」として、「控訴したいと考えている」と述べた。

     訪問先のワシントンで記者団に語った。翁長氏はまた、「今回の判決で岩礁破砕等許可が不要であるとか、工事施工海域の漁業権が変更されたといった判断は一切なされていない」と指摘。「辺野古新基地建設そのものの賛否が決まるものでは決してない」と強調した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    3. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    4. 地震 大阪府北部で震度6弱
    5. 大阪震度6弱 「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]