特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島原発事故

避難の子、肥満度に差 県内は高割合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

運動不足が一因

 東京電力福島第1原発事故により避難生活を送る福島県富岡町の3歳児健診のデータを福島県立医大看護学部の伊東尚美助手(地域・在宅看護学)らが分析したところ、県内で暮らす子の方が県外で暮らす子より肥満の割合が高い傾向があった。避難先で低年齢児の肥満傾向に差があるのが明らかになったのは初めてで、伊東助手は「県内では放射線の不安から外遊びを控え、運動不足が一因となった可能性がある」と指摘する。

 原発事故後に福島の子どもの肥満傾向が強まったことは、文部科学省の学校保健統計調査で指摘されている。伊東助手らは、避難指示区域となって全町避難した富岡町から3歳児健診記録の提供を受けて分析。事故後は避難先の自治体が行う健診記録が町に届けられる仕組みになっており、2011~16年度の県内避難者計340人分と、県外避難者計67人分を比較した。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文649文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集