メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひめゆり平和祈念資料館

初の戦後世代館長が就任

普天間朝佳さん=沖縄県糸満市で、佐藤敬一撮影

 太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、多くの女学生が亡くなった「ひめゆり学徒隊」の体験を伝える沖縄県糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」の館長に、初めて戦後生まれの世代が就任する。元学徒の島袋淑子館長(90)が高齢を理由に今月末で退任し、普天間朝佳(ふてんまちょうけい)副館長(58)が後任を務める。元学徒の高齢化が進む中、戦争の教訓を風化させぬよう、沖縄戦の体験が引き継がれる…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです