メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

ムロツヨシの明るさの原点…テレビで初めて話す恥ずかしい話も!?

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、3月17日午前7時半~8時)のゲストは、俳優のムロツヨシ。

 個性派俳優として大人気のムロが、役者の道を歩み始めたのは19歳の時。“いい仕事”に就くために理系の有名大学に入学したものの、“自分のやりたいこと”を持っている周りの人たちに刺激され、自分の将来を考えるようになったという。その後、舞台をみたことがきっかけで俳優を目指すことを決意、大学をわずか3週間で中退した。

 最初は、魚市場で朝4時からのアルバイトをしながら、どうやったら俳優になれるのか試行錯誤の日々だったという。そんな駆け出しの頃、思い切って自分で台本を書き、自分で劇場を借りて独り舞台に挑んだという驚きのエピソードも披露。「人生で一番悲劇の日だった」と語るそのウラ話にサワコも思わず爆笑!? テレビで初めて話すムロの恥ずかしい思い出とは?

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、とんねるずの「雨の西麻布」。両親の離婚がきっかけで、4歳のころから親戚の家に預けられ暮らしていたというムロが、小学生時代を思い出すこの曲とともに、どんな少年時代を過ごしたのか本音を語る。

 長い間、役者として「売れなかった」が、あることがきっかけで自分を積極的に「売り込む」ようになったという。人々を惹き付けてやまないその魅力の原点にサワコが迫る。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです