メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

マンUがホームで敗れCLベスト16敗退…セビージャはベン・イェデルが出場6分で2発

情報提供:サッカーキング

セビージャが敵地でマンチェスター・Uを破りCLベスト8進出 [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが13日に行われ、マンチェスター・Uとセビージャが対戦した。

 ホームのマンチェスター・Uは5分、ジェシー・リンガードが左サイドからクロスを入れると、ニアでロメル・ルカクが左足で合わせたが、相手DFのブロックに阻まれる。対するセビージャは14分、エリック・バイリーのパスミスから最後はルイス・ムリエルがエリア手前から右足シュート。ムニエルは28分にもエリア内左に進入してシュートを放つが、どちらもゴールには至らなかった。

 38分、マンチェスター・Uは高い位置でボールを奪ったマルアン・フェライニが、アレクシス・サンチェスとのワンツーでエリア内左に抜け出し、左足を振り抜くが、シュートはGKセルヒオ・リコにセーブされる。43分にはリンガードがマーカス・ラッシュフォードとのワンツーでエリア内右に抜け出すが、クロスは相手DFにブロックされた。前半はファーストレグから続くスコアレスのまま終了した。

 後半に入って48分、セビージャはホアキン・コレアがエリア内中央で決定機を迎えたが、シュートの直前にバイリーの好守に阻まれる。マンチェスター・Uも51分、エリア内右でパスを受けたリンガードがシュートまで持ち込むが、GKリコの好セーブに阻止された。

 2試合通じて初めての得点は、74分に生まれた。72分に途中出場したばかりのウィサム・ベン・イェデルが、パブロ・サラビアの縦スルーパスでエリア内中央に進入すると、右足シュートをゴール右隅に突き刺し、セビージャに大きな先制点をもたらす。

 さらに直後の78分、左CKで味方がニアで触ったボールを、ファーのベン・イェデルが頭で合わせると、右手で反応したGKダビド・デ・ヘアはクリアしきれず。ボールはそのままゴールに吸い込まれ、セビージャがアウェイゴール2点を奪った。

 突破に3点が必要となったマンチェスター・Uは84分、ラッシュフォードの左CKからエリア内中央のルカクが左足でボレーシュートを叩き込み、1点を返す。その後もマンチェスター・Uは攻勢を見せたが、試合はこのままタイムアップ。セビージャが敵地で2-1の勝利を収め、初のベスト8進出を果たした。

【スコア】
マンチェスター・U 1-2(2試合合計:1-2) セビージャ

【得点者】
0-1 74分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
0-2 78分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
1-2 84分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

【関連記事】
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
セビージャが売却した選手で組むベスト11がすごいと話題に
ファーガソンへのピザ投げ付け事件、“容疑者”セスクが自首「イェー!」
負けず嫌いのポグバ 親友DFを自宅“出禁”にした理由とは?
UEFAが“21世紀ベスト11”を発表! スペインサッカーの強さが際立つ

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです