メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

英クラブ就任噂のアンチェロッティ氏、ピルロ氏と“再タッグ”? コーチに指名か

情報提供:サッカーキング

かつてミランで“師弟関係”にあったアンチェロッティ氏(右)とピルロ氏(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
 去就が注目される元バイエルン指揮官のカルロ・アンチェロッティ氏が、ミラン時代に師弟関係にあった元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏をアシスタントコーチに指名する可能性が浮上しているようだ。13日付のイタリアメディア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

 アンチェロッティ氏は昨年9月、就任2年目に入ったバイエルンで指揮を執っていたが、成績不振を理由に電撃解任された。そこで同氏は、長年に渡って連れ添ったスタッフの刷新を決断したという。

 同メディアによると、選手たちから仕事ぶりを非難されたフィットネストレーナー、そしてアンチェロッティ氏の娘婿である管理栄養士に加え、自身の息子が務めてきたアシスタントコーチの変更も見込まれているようだ。

 アシスタントコーチの後任候補に浮上したのは、アンチェロッティ氏とはミラン時代に師弟関係にあったピルロ氏だ。2001-02シーズン途中からミランの指揮官に就任したアンチェロッティ氏は、同シーズンにインテルから加入したピルロ氏の才能を見抜き、司令塔として開花させた。

 イタリア代表の新監督候補にも挙げられているアンチェロッティ氏だが、日々のトレーニングで指導を行えるクラブチームでの指揮を希望していると12日に明言している。新天地候補としてはプレミアリーグが浮上。アーセン・ヴェンゲル監督の退任が予想されるアーセナル、そしてマウリシオ・ポチェッティーノ監督のレアル・マドリード行きが噂されるトッテナムが候補に挙げられており、2009年から2011年にかけてチェルシーの指揮を執った時以来のイングランド復帰が予想されている。

 サッカー界のビッグネームであるアンチェロッティ氏とピルロ氏。両者が再タッグを果たしてプレミアリーグへ向かうこととなれば、注目を集めることは間違いなさそうだ。

(記事/Footmedia)



【関連記事】
北澤豪氏が伝授!育成年代に知ってほしい“リーガ観戦術”
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです