メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

過去3年で約670億円投資も…ジェラード氏、CL敗退のマンUに選手補強を提言

情報提供:サッカーキング

ジェラード氏(右)がCL敗退のマンチェスター・Uに言及 [写真]=AMA/Getty Images、Getty Images
 リヴァプールのレジェンドとして知られ、現在は同クラブのU-18チームで監督を務める元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラード氏は、マンチェスター・Uにはさらなる選手補強が必要だと感じているようだ。イギリスメディア『BTスポーツ』での発言を引用する形で、14日付のイギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、マンチェスター・Uはセビージャに1-2と敗戦。今シーズンのCL敗退が決まった。マンチェスター・Uは過去3年間で4億5000万ポンド(約671億円)近くを選手補強に費やしているのにも関わらず、CLベスト16を突破したのは過去7シーズンで1度のみにとどまっており、金額に見合った成果を残せているとは言い難い。

 しかしジェラード氏は、マンチェスター・Uの補強がまだ不十分だと考えているようだ。元マンチェスター・UのMFポール・スコールズ氏とともに『BTスポーツ』の中継解説者として登場したジェラード氏は、以下のように語っている。

「ポールの隣に座っているから言っているわけではないが、彼らはポールやロイ・キーン、ブライアン・ロブソンの時代を取り戻す努力をすべきだ。残念ながら(ベルギー代表MFマルアン)フェライニでは、こういった選手たちのようにはなれないだろう」

 さらにジェラード氏は「フェライニが悪いという話ではないが、もしマンチェスター・UがCLでもっと上に行きたいのなら、あと3、4人はワールドクラスの選手が必要だろう」と提言。共演していた元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏が「もうずいぶん、投資しているけど」と反応すると「まだまだ(移籍金を)使う必要があると思う」と持論を展開した。

(記事/Footmedia)



【関連記事】
北澤豪氏が伝授!育成年代に知ってほしい“リーガ観戦術”
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです