メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
サッカーキング

CL敗退のマンU、モウリーニョ監督は切り替えを強調「世界の終わりではない」

情報提供:サッカーキング

セビージャに敗れてCL敗退が決まったマンUのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、マンチェスター・U(イングランド)はホームでセビージャ(スペイン)に1-2と敗れ、2試合合計1-2で敗退が決まった。

 ベスト16敗退となったマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が試合後、敗戦を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツ』がコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は「インテンシティーがあり、試合の入り方は非常に良かった。ポジティブなものだったと思う。それから10分、15分が経過しても得点を奪えず、セビージャの出来も良くなっていったね」と前半の戦いを振り返り、2点を先行された後半については「前半にも危険な場面はあったが、後半は再び良い入り方ができた。得点チャンスもあった。だがもちろん、先制点というものが試合の方向性を変えてしまうんだ」と話した。

 そしてモウリーニョ監督は「後悔はしていない。私はベストを尽くした。選手たちもそうだ。そして敗れてしまった。これがフットボールだ」と述べ、「大げさなことを言うつもりはない。そんな時間はない。24時間以上も悲しんでいる場合ではないんだ。土曜日(17日)に試合があるのだからね。これはフットボールであり、世界の終わりではない」と、メンタル面の切り替えを強調した。

 マンチェスター・Uは次戦、17日にFA杯準々決勝でブライトンと対戦する。



【関連記事】
北澤豪氏が伝授!育成年代に知ってほしい“リーガ観戦術”
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです