メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海外サッカー

ギリシャリーグ無期限中断…PAOKオーナーが銃持ち乱入(スポニチ)

 ギリシャ政府は12日、サッカーの国内1部リーグの無期限中断を発表した。

     同リーグでは11日、PAOKサロニカ-AEKアテネ戦で、PAOKサロニカのサビディス・オーナーが主審の判定を不服とし、銃を携帯したまま2度ピッチに乱入する騒動が勃発。同オーナーは地元警察にピッチ外へと誘導されたが試合はそのまま中止となった。AEKアテネは同会長が審判や周囲の関係者を脅したとも主張している。事態を重く見たFIFAは「このような行為を強く非難する」と声明を発表。ギリシャ政府も「今回の件に関し明確なルールを定めない限り、リーグは再開しない」とした。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    3. 殺人 練炭自殺偽装し弟殺害 容疑の姉逮捕 会社後継トラブル 堺
    4. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
    5. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]