メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

内閣府 相撲協会を“調査”、貴親方の告発状受理 事情聴取へ(スポニチ)

 内閣府が日本相撲協会の“調査”に動きだす。貴乃花親方(45=元横綱)が公益法人を所管する内閣府に協会を告発したことを受け、梶山弘志特命担当相は13日、告発状を受理したと明らかにした。貴乃花親方は協会の危機管理委員会が行った貴ノ岩への調査の中立性や、自身の理事解任理由の正当性などを問題視。梶山氏は「公益法人としての体裁を整えているのかという視点で(内閣府の公益認定等委員会の)事務局が調査する」とし、協会関係者らから事情を聴くとの見通しを示した。春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)は「(会見は)知らなかった。(内閣府からの)連絡はない」と話すにとどめた。

     一方、貴乃花親方は前日、貴ノ岩の後遺症等への対応のため春場所会場の役員室に常時滞在できないことをFAXで協会に連絡。この日、宇治市内の宿舎で朝稽古後に「(弟子の)育成が本分ですから。(貴ノ岩は)ちょっとまだ目が離せないですからね。稽古だけが日常ではありませんから」と語った。春日野広報部長は「FAXは確認しました。(貴乃花親方に)返答もしました」と話した。関係者によると、協会はFAXに書かれた“欠勤”理由では理解を得られないと返答したもようだ。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
    3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
    5. ORICON NEWS 佐々木蔵之介、玉木宏の結婚祝福 “最後の砦”には苦笑「ほかにもいっぱいいる」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]