メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム

清宮、緊急入院で開幕1軍絶望…栗山監督「心配。申し訳ない」(スポニチ)

広島遠征のためバスに乗り込む清宮=スポニチ提供

 日本ハムは13日、ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(18=早実)が東京都内の病院で精密検査を受け「限局性腹膜炎」と診断されたと発表した。15日までは入院し、点滴治療などを受けて経過を観察する。清宮は12日夜に遠征先の広島から帰京し、緊急入院していた。オープン戦では15打数無安打と苦しみ、さらに体調面も深刻な状況。開幕1軍は絶望的となった。

     球団によると、清宮はここ数日間、腹部の鈍痛やけん怠感などを訴えていた。チームとともに11日に広島入りも、翌12日夜に単身で帰京し、都内の病院に緊急入院していた。この日の広島とのオープン戦(マツダ)を欠場し、試合後に球団から発表されたのは腹腔(ふくくう)内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」。広島市内の宿舎で栗山監督は「心配している。まずは体の状態を見て、それに合わせて一日一日考えていく」と話した。

     15日までは入院し、点滴治療などを受けて経過観察する。吉村浩GMによると、入院後は食事も取れない状況だという。清宮はキャンプ中の2月22日にも体調を崩し、急性胃腸炎と診断されていた。今回の限局性腹膜炎となった要因や、急性胃腸炎との関連性について、吉村GMは「分からない」と語るにとどまり、復帰時期についても全くめどが立たない状況だ。

     食事を取れないことで体重の減少は必至。退院後もすぐに練習できるかは定かではない。さらに試合への復帰となると、ある程度の調整期間を余儀なくされる。30日の開幕まで3週間を切った時期での離脱となり、清宮が目標にしていた開幕1軍入りは絶望的な状況だ。あす15日に退院できるかどうかが判断される。16日には早実の卒業式も控えており、入院生活が長引けば、晴れの日にも間に合わない可能性もある。

     高校通算最多の111本塁打をマークし、7球団が1位競合したスーパールーキー。だが、右手親指の打撲で打撃の調整が大幅に遅れ、オープン戦でも15打数無安打、8三振と不振に苦しんでいた。

     「今までの経験や反省を踏まえながら、悔いのない打席にしたい」とオープン戦初安打へ意気込んでいたが、腹部の痛みに苦しみ、試合に出られる状態ではなかった。栗山監督は「どんな理由であろうと、選手が苦しむのは監督の責任でもある。申し訳ないです」と語った。一日でも早い回復が待たれる。 (東尾 洋樹)(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
    2. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]