メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段、最年少「4冠」独占 史上3人目「うれしく思います」(スポニチ)

 将棋の藤井聡太六段(15)が今年度の対局記録4部門を独占。天才中学生棋士に、新たな称号が加わった。

     日本将棋連盟は13日、藤井らの今年度対局予定を発表。残りは最多3局で、全敗でも勝率・808以上となる。現時点で勝率2位の大橋貴洸四段(25)が残り2局を連勝しても上回れないため、藤井の「勝率1位」が確定した。加えて「最多勝利(59)」「最多対局(70)」「連勝(29)」=年度またぎを含む=もダントツ。年度末を待たずに記録部門を独り占めした。

     記録の残る1967年以降、4部門の独占は内藤国雄九段(78)=69年度=と羽生善治竜王(47)=88、89、92、2000年度=に続く3人目。羽生の18歳を抜き、最年少で偉大な先人に並んだ藤井は「一局一局の積み重ねがこのような結果として表れたことをうれしく思います」と連盟を通じて喜びを語った。

     昨年は棋界新記録となる29連勝を達成。今年も朝日杯で佐藤天彦名人(30)と羽生竜王を破って一般棋戦初優勝をあっさり実現するなど、まさにスーパーモンスター級の活躍だ。その羽生は「4部門1位は一年間安定した活躍を維持しないと到達できない記録です」と感嘆のコメント。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(48)も「内容も申し分なく、一年間戦い抜いた結果として、今後の大きな自信につながるのでは」と話した。

     「これからもより良い将棋を指すべく精進していきたい」と藤井。15日の順位戦C級2組最終戦では史上6人目の同組全勝1期通過と公式戦15連勝、今年度60勝を狙う。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ことば うるま市女性殺害事件
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
    4. 名人戦 佐藤名人「羽生さんから防衛、想像絶した」
    5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]