メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

今や日本は階級社会 働く人の15%「アンダークラス」

「階級社会」の日本は、ネットカフェ難民を生み出している=東京都新宿区で、梅村直承撮影

 日本は「格差社会」などという生ぬるい言葉で形容すべきものではない。それは明らかに「階級社会」--。社会学者の橋本健二・早稲田大教授(58)が近著「新・日本の階級社会」(講談社現代新書)で刺激的な指摘をしている。この国はどこに向かっているのか。東京都内の個人オフィスを訪ねた。【田村彰子】

 「悲しい現実ですが、さまざまな調査を分析すると、一般に考えられているより、はるかに格差は深刻になっています」

 橋本さんによると、日本の階級は表のように▽資本家階級(従業員5人以上の経営者ら)▽新中間階級▽労働者階級▽旧中間階級--に分かれる。総務省の就業構造基本調査(2012年)によると、就業人口の62・5%を占めるのが、管理職や上級事務職、専門職以外の被雇用者を指す労働者階級だ。この階級は、正規と非正規の労働者で構成される。

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです