メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭

ワーグナーの楽劇中心に100超す公演

 春の年中行事となった「東京・春・音楽祭」が、今年も東京文化会館をはじめ、美術館、博物館など上野に集まるさまざまなホール、ラウンジなどで開かれる。ポーランドの伝統を伝えるユレク・ディバウ指揮シンフォニエッタ・クラコヴィアと名バス・バリトンのトマス・コニエチュニーによるマーラーをオープニング(16日東京文化会館)に、オペラ、室内楽、歌曲、そしてフィナーレのロッシーニ《スターバト・マーテル》(4月15日同)まで、100を超える公演が用意される。

     最も話題を呼ぶのはワーグナーの楽劇シリーズ。9回目の今年は《ローエングリン》を取り上げる。タイトルロールに透明感のある声で人気のテノール、クラウス・フロリアン・フォークトを据えウルフ・シルマー指揮N響による2回公演(4月5、8日同)。フォークトはオペラとは別に、ハイドンからバーンスタインまでを、ピアノのイェンドリック・シュプリンガーと共に2回の歌曲の夕べで披露する(26日、4月11日同)。独バイロイト祝祭劇場でも評価が高いソプラノ、ペトラ・ラングが日本で初めて行うドイツ歌曲の夕べ(23日同)も。ピアノのエリーザベト・レオンスカヤによるシューベルト・チクルスも注目される(4月4、6、8、10、12、14日同)。

     上野の地を生かして、美術館と共催する「ブリューゲル展」記念コンサート(18、24、30日東京都美術館講堂)、「プーシキン美術館展」プレ・コンサート(4月6、11日同)や、「プラド美術館展」記念コンサート(26、27日国立西洋美術館講堂)なども。問い合わせは03・6379・5899。詳細はhttp://www.tokyo-harusai.com/

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです