メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

アンナ・マリア・ヨペック 言葉と即興で精神の極みへ

アンナ・マリア・ヨペック=Photo by Jacek Dylag、ブルーノート東京提供

 マリア・ヨペックは、ポーランド人のジャズ歌手である。とはいえ、そのジャズの解釈は我が道を行く。近年のライブにおいてはマイクを2本立てて自らの歌声を変幻自在に作り上げ、インプロビゼーションという所作を自在に広げようとしている。そんな彼女はポーランド民謡の著名な担い手を両親に持ち、7歳から17年もの間ワルシャワのショパン音楽アカデミーで学んだ。

 「クラシックを専攻していた在学中に自分の表現を模索するようになり、私の魅力を伝える最良の手段が即興…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです