メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

アカデミー賞リポート 映画は国境を消し去る 社会問題広く訴え、多様性へ前進

 第90回アカデミー賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞に輝き、「怪獣映画初の受賞」と称された。ギレルモ・デル・トロ監督はメキシコ出身で、監督賞など4冠を獲得した。社会問題に関する発言も目立ち、政治状況を反映した作品が並ぶ賞レースとともに、多様性を示す授賞式となった。

     ■  ■

 米ハリウッドで行われた4日(日本時間5日)の授賞式。レッドカーペットは色鮮やかなドレスの女優らで華やいだ。ハリウッドは反セクハラを訴える「#MeToo」運動の原点だ。1月のゴールデン・グローブ賞は黒をまとう出席者で染まったが、アカデミー賞では服装による結束はなかった。

 セクハラ撲滅キャンペーン「タイムズ・アップ(もう、おしまい)」のバッジを胸に付けた人はいたが、「私…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです