メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難者訴訟判決 原告団「司法もっと寄り添って」 64人棄却に落胆

判決を受けて記者会見する原告団共同代表の萩原ゆきみさん(左)と福島敦子さん=京都市中京区で2018年3月15日午前10時53分、小松雄介撮影

 「司法は私たちにもう少し寄り添ってほしかった」。東京電力福島第1原発事故の避難者訴訟で、京都地裁は15日、東電だけでなく、国の責任も認定した。ただ原告174人のうち、64人については賠償を認めなかった。事故から7年、提訴から4年半。原告らは国の責任認定を「大きな一歩」と評価する一方、古里を遠く離れた土地で長い裁判を闘ってきた原告には落胆の表情も見えた。

 原発避難者を巡る訴訟では、5件目の判決。国の責任は? 自主避難という決断を司法がどれだけ理解してく…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文706文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 高台などへ深夜の避難 住民ら不安の一夜 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです