メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

深津演劇祭 11団体参加、今月で終了 それぞれの演出、新たな価値

劇団「桃園会」のはたもとようこ(右)と森本洋史=畑律江撮影

 活躍を期待されながら、2014年に46歳で病没した関西の劇作家、深津篤史。彼が残した戯曲を次々に上演してきた「深津演劇祭」が今月で終了する。16年秋から約1年半、関西だけでなく東京や名古屋の劇団も含め、11団体が参加。その最後を、深津が率いた劇団「桃園会」がしめくくる。

 深津は兵庫県出身。1992年に桃園会を旗揚げし、98年に「うちやまつり」で岸田國士戯曲賞を受賞した。孤独ゆえに他者を求める人間のコミュニケーションに光を当て、生者と死者、あるいはそのどちらとも判然としない者を交錯させる深津戯曲は、繊細で緻密。時に難解と評された。戯曲には表面からは見えないサブテキストが潜…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです