メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

深津演劇祭 11団体参加、今月で終了 それぞれの演出、新たな価値

劇団「桃園会」のはたもとようこ(右)と森本洋史=畑律江撮影

 活躍を期待されながら、2014年に46歳で病没した関西の劇作家、深津篤史。彼が残した戯曲を次々に上演してきた「深津演劇祭」が今月で終了する。16年秋から約1年半、関西だけでなく東京や名古屋の劇団も含め、11団体が参加。その最後を、深津が率いた劇団「桃園会」がしめくくる。

 深津は兵庫県出身。1992年に桃園会を旗揚げし、98年に「うちやまつり」で岸田國士戯曲賞を受賞した。孤独ゆえに他者を求める人間のコミュニケーションに光を当て、生者と死者、あるいはそのどちらとも判然としない者を交錯させる深津戯曲は、繊細で緻密。時に難解と評された。戯曲には表面からは見えないサブテキストが潜…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです