メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

深津演劇祭 11団体参加、今月で終了 それぞれの演出、新たな価値

劇団「桃園会」のはたもとようこ(右)と森本洋史=畑律江撮影

 活躍を期待されながら、2014年に46歳で病没した関西の劇作家、深津篤史。彼が残した戯曲を次々に上演してきた「深津演劇祭」が今月で終了する。16年秋から約1年半、関西だけでなく東京や名古屋の劇団も含め、11団体が参加。その最後を、深津が率いた劇団「桃園会」がしめくくる。

 深津は兵庫県出身。1992年に桃園会を旗揚げし、98年に「うちやまつり」で岸田國士戯曲賞を受賞した。孤独ゆえに他者を求める人間のコミュニケーションに光を当て、生者と死者、あるいはそのどちらとも判然としない者を交錯させる深津戯曲は、繊細で緻密。時に難解と評された。戯曲には表面からは見えないサブテキストが潜…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです