茂山千五郎家

春の狂言会 花盛り、華やかに 千五郎が難曲「花盗人」に 京都・24日 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「茂山狂言会 春」に出演する(手前左から)茂山茂、千五郎、宗彦、(奥左から)千作、七五三、童司=畑律江撮影
「茂山狂言会 春」に出演する(手前左から)茂山茂、千五郎、宗彦、(奥左から)千作、七五三、童司=畑律江撮影

 京都の能楽狂言方大蔵流、茂山千五郎家の「茂山狂言会 春」が24日午後2時から、京都・金剛能楽堂で開かれる。「きょうの和らいは花盛り」のテーマで、桜が出てくる4演目が並ぶ。

 茂山逸平の長男、慶和(よしかず)、千五郎の三男、鳳仁(たかまさ)の小学生コンビによる「花争(はなあらそい)」、吉野の聟(むこ)猿(茂)が嵐山の舅(しゅうと)猿…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

注目の特集