特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

飛躍・日大三センバツへ

選手紹介/19 岡安優太外野手(2年) 一番目指す強打者 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡安優太外野手 拡大
岡安優太外野手

 <第90回記念選抜高校野球>

 「やるなら一番を目指します」。そう力強く語る。チームでも有数のパワーヒッターとして、甲子園でも勝負どころで一打を放とうと準備を重ねている。

 一昨年末「投球イップス」に見舞われた。指先が言うことをきかなくなり、突然、ボールが満足に投げられなくなった。はっきりした原因も分からず、気ばかり焦った。

 同じ症状で苦しんだ先輩らの助言もあり、克服できたのは約3カ月後。昨年の秋季東京大会にはベンチ入りメンバーに選ばれた。ゲームに起用されるチャンスこそ来なかったが、一塁コーチャーとしてグラウンドに立った。走者に指示を出したり、相手投手の癖を見抜いて仲間に伝えたりすることで、チームの勝利に貢献した。

 野球を教えてくれた父は、都内有数の強豪、帝京高野球部の出身。同高への進学も考えたが、2011年夏の甲子園で優勝した日大三ナインへの憧れが勝った。

 球技が得意で、中学時代にはドッジボールの埼玉県選抜チームで活躍。ボウリングは中学生のころ「マイボール」を手に週に2~3回はレーンに通った。全投球ストライクを取るパーフェクト(スコア300)を達成したこともある腕前だ。【蒔田備憲】=つづく


 ▽右投げ右打ち▽身長177センチ▽体重84キロ▽50メートル走6秒4▽遠投100メートル

次に読みたい

あわせて読みたい