メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海調査研究船

深海生命圏を調査 JAMSTEC「かいれい」が出航 高知港 /高知

深海調査研究船「かいれい」に搭載された無人探査機「かいこう」=高知市の高知港に停泊中の船内で、柴山雄太撮影

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)の深海調査研究船「かいれい」が14日、高知港を出航した。2016年秋に室戸沖の海底下に設置された温度計のデータを回収する。16年に掘削して得た試料が置かれていた環境が正確に分かり、生命の限界を調べる手掛かりになることが期待される。

 16年秋、「室戸沖限界生命圏掘削調査」として、JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」が室戸岬沖約120キロ地点で、水深4770メートルの海底から深さ1180メートルまで試料を採取しており、その穴…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです