メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

古今亭駿菊さんら仮設訪問 南阿蘇村で演芸会 /熊本

古今亭駿菊さんの玉すだれに沸く会場

 元落語協会所属の真打ち落語家、古今亭駿菊さん(54)らが熊本地震前震から1年11カ月となった14日、南阿蘇村久木野の社会福祉協議会と下野仮設住宅で「歌と笑いの演芸会」を開いた。

 駿菊さんは2011年の東日本大震災以後「今そこに落語と笑いを配達する演芸団」を主宰して被災地を訪問し、16年には落語協会から独立して本格的な慰問活動をしている。熊本県内には16年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです