メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
熊本地震

古今亭駿菊さんら仮設訪問 南阿蘇村で演芸会 /熊本

古今亭駿菊さんの玉すだれに沸く会場

 元落語協会所属の真打ち落語家、古今亭駿菊さん(54)らが熊本地震前震から1年11カ月となった14日、南阿蘇村久木野の社会福祉協議会と下野仮設住宅で「歌と笑いの演芸会」を開いた。

 駿菊さんは2011年の東日本大震災以後「今そこに落語と笑いを配達する演芸団」を主宰して被災地を訪問し、16年には落語協会から独立して本格的な慰問活動をしている。熊本県内には16年…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです