メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/8 決意の巨額損失処理

経営姿勢を説明する丹羽宇一郎=伊藤忠創業150年記念小史「峠越えの道」より

 「思い切ってやる。準備してください」。伊藤忠商事の最高財務責任者(CFO)だった藤田純孝(75)は、社長の丹羽宇一郎(79)から社内の損失を一括で処理するという決断を告げられた。伊藤忠は、バブル崩壊によって積み上がった不動産などの不良資産が経営を圧迫し、1997年度からの2年間でその処理のため1950億円の損失を出したばかりだった。

 しかし、「その後も不動産価格はどんどん下がっていった」(藤田)。不良資産と損失の発生に歯止めがかか…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1173文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです