連載

背信・森友文書

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんの真相に迫ります。

連載一覧

背信・森友文書

来週にも証人喚問 やむなく「佐川カード」 政府「官僚の責任」強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐川氏の国会招致で想定される論点
佐川氏の国会招致で想定される論点

 森友学園への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、政府・与党は来週にも佐川宣寿前国税庁長官の国会招致に応じる方針に転じた。一方で麻生太郎副総理兼財務相や安倍晋三首相へ責任が及ぶことに神経をとがらせ、あくまで佐川氏ら「官僚の責任」と強調。しかし行政への信頼を根底から揺るがす事態の解明が問われる中、佐川氏の説明次第では政権がさらに追い込まれる可能性もある。

 「自分たちの答弁から逸脱がなかった、と見せるために(改ざんを)隠した。まさに財務省による、財務省のための情報操作だ」

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2238文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集