メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

新燃岳溶岩流は危険? マグマ固まらず流れ出る 速度はゆっくり=回答・青木絵美

新燃岳の火口の北西部からあふれ出た溶岩流(中央左の黒い部分)=2018年3月14日、本社ヘリから野田武撮影

 なるほドリ 霧島連山(きりしまれんざん)の新燃岳(しんもえだけ)(宮崎、鹿児島県境)で溶岩流(ようがんりゅう)が起きたんだって?

 記者 新燃岳で爆発的噴火が始まって4日目の9日に火口北西側で確認されました。活発な火山活動で火口直下のマグマが地表に出て溶岩となり、火口のふちからあふれ出したようです。

 Q 国内の火山で溶岩流の発生はあるの?

 A ええ。2013~17年に火山活動が続いた小笠原(おがさわら)諸島の無人島・西之島(にしのしま)(東京都)では、溶岩流で島の面積が急激に広がりました。その前は1986年の伊豆(いず)大島(同)の三原山(みはらやま)噴火です。三原山の溶岩はさらさらしている玄武岩(げんぶがん)質で流れ下るのが速く、当時は全島避難にまで発展しました。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです