メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮・拉致問題

置き去り警戒 政府、米韓に働きかけ強化

近年の日朝関係

 北朝鮮が米国、韓国との首脳会談に意欲を示すなか、日本政府は拉致問題が置き去りになることを警戒している。南北首脳会談、米朝首脳会談を前に米韓両国への働きかけを強める考えだ。

 拉致問題打開のために安倍晋三首相が、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する可能性を問われた菅義偉官房長官は14日の記者会見で「核、ミサイル、拉致の包括的な解決に向けて、何が最も効果的かという観点から今後の対応を検討していく」と述べるにとどめた。

 自民党の拉致問題対策本部は14日、党本部で会合を開き、山谷えり子本部長は「拉致問題を決して置き去りにしないよう、この機会に大きく動かなければならない」と述べ、日朝首脳会談の実現を求めた。これに対し、外務省幹部は「具体的な動きはない。この場で紹介できるものはない」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 女性殺害容疑で69歳を逮捕 マンション集会所で刺す 兵庫・西宮

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 時価総額4000万円以上 香港在住コレクターが『遊戯王』カードで学んだ人生哲学「重要なのはチャンスをものにすること」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです