メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ポジティブシンキング=三菱商事調査部長・武居秀典

 本屋をぶらぶらするのが好きだが、最近、ますます、後ろ向きなテーマの本が多いような気がする。資本主義の揺らぎ、財政破綻、中国の脅威、職を奪うAI、日本崩壊など、あげればきりがない。確かに一部は、間近に迫った危機や脅威であり、これらをしっかりと認識することは重要だが、あまりにも悲観論に流されていないだろうか。今、景気は拡大局面にあり、株価や雇用統計では、数十年ぶりの良い数値が並ぶが、不思議なほど、高揚感はない。1990年代初頭のバブル崩壊以降の長期低迷が日本人に及ぼした自信喪失という心理的な影響は根深い。

 ただ、ここで悲観論に陥ったら先はない。思い切ったポジティブシンキングが重要だ。試しに、日本の良いところをあげてみよう。治安の良さは世界に誇れるし、近年急増しているインバウンドを引きつける観光資源も豊富にある。日本の15歳の学力レベルは先進国トップクラスだし、モノづくりも一時の勢いほどではないが、先進国で、貿易黒字を出し続ける輸出力は依然、大きな強みだ。日常生活でも、配達は時間通りだし、安くておい…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです