メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子組み換え食品

「なし」表示、来年度にも厳格化

遺伝子組み換え作物の混入率と表示

 遺伝子組み換え(GM)食品の表示制度を見直す消費者庁の有識者検討会(座長・湯川剛一郎東京海洋大教授)は14日、商品に「遺伝子組み換えでない」と表示できる要件を、現行の「混入率5%以下」から「不検出」に厳格化する報告書をまとめた。内閣府消費者委員会での審議を経て、早ければ来年度中に食品表示基準が改正される。

 現制度の対象は、食用使用が許可されているGMの大豆やトウモロコシなど全8作物と、豆腐などの33加工…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです