メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アスベスト訴訟

2審も国の責任認定 建設石綿被害「一人親方」も対象 東京高裁

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い、肺がんなどを患ったとして、元建設作業員と遺族計354人が国と建材メーカー42社に総額約120億円の賠償を求めた「東京第1陣集団訴訟」の控訴審判決が14日、東京高裁であった。大段亨裁判長は、1審・東京地裁判決(2012年12月)に続いて国の責任を認め、327人に約22億8000万円を支払うよう命じた。

 14件の同種訴訟で高裁判決は2件目。「一人親方」などと呼ばれる個人事業主の被害に対する国の責任を初…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文688文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです