メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

AI活用し人間を優しく 人工知能研究会/AIR(エアー)代表・佐久間洋司さん(21)

佐久間洋司さん=本人提供

 <くらしナビ おとなへステップ>

佐久間洋司(さくま・ひろし)さん

 大(おお)阪(さか)大(だい)、京都大、東京大の学生や若手研究者を中心に、人工知能(AI)を研究する環(かん)境(きょう)づくりを進める「人工知能研究会/AIR」の代表を務めています。大阪大基(き)礎(そ)工学部3年です。元々は入学した2015年、AIを学び合える環境を作るために大学内で発足した学生のコミュニティーでした。大学院生が学部生を指導したり、各分野の先生を招いて講演会を開いたりするうちに、学外の参加者が増え、AIRに発展しました。現在の参加者は約1500人。AIRをきっかけに共同のプロジェクトが生まれ、人と人がつながる場になっています。

 ロボット工学の世界的研究者、石黒浩(ひろし)教授の知能ロボット学研究室で学んでいます。中高一(いっ…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文967文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです