メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

AI活用し人間を優しく 人工知能研究会/AIR(エアー)代表・佐久間洋司さん(21)

佐久間洋司さん=本人提供

 <くらしナビ おとなへステップ>

佐久間洋司(さくま・ひろし)さん

 大(おお)阪(さか)大(だい)、京都大、東京大の学生や若手研究者を中心に、人工知能(AI)を研究する環(かん)境(きょう)づくりを進める「人工知能研究会/AIR」の代表を務めています。大阪大基(き)礎(そ)工学部3年です。元々は入学した2015年、AIを学び合える環境を作るために大学内で発足した学生のコミュニティーでした。大学院生が学部生を指導したり、各分野の先生を招いて講演会を開いたりするうちに、学外の参加者が増え、AIRに発展しました。現在の参加者は約1500人。AIRをきっかけに共同のプロジェクトが生まれ、人と人がつながる場になっています。

 ロボット工学の世界的研究者、石黒浩(ひろし)教授の知能ロボット学研究室で学んでいます。中高一(いっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです