メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

AI活用し人間を優しく 人工知能研究会/AIR(エアー)代表・佐久間洋司さん(21)

佐久間洋司さん=本人提供

 <くらしナビ おとなへステップ>

佐久間洋司(さくま・ひろし)さん

 大(おお)阪(さか)大(だい)、京都大、東京大の学生や若手研究者を中心に、人工知能(AI)を研究する環(かん)境(きょう)づくりを進める「人工知能研究会/AIR」の代表を務めています。大阪大基(き)礎(そ)工学部3年です。元々は入学した2015年、AIを学び合える環境を作るために大学内で発足した学生のコミュニティーでした。大学院生が学部生を指導したり、各分野の先生を招いて講演会を開いたりするうちに、学外の参加者が増え、AIRに発展しました。現在の参加者は約1500人。AIRをきっかけに共同のプロジェクトが生まれ、人と人がつながる場になっています。

 ロボット工学の世界的研究者、石黒浩(ひろし)教授の知能ロボット学研究室で学んでいます。中高一(いっ…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文967文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
  5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]