メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
介護とロボット

/上 「ノウハウない」戸惑う現場

特別養護老人ホーム「みちのく荘」個室では見守りセンサーがベッド周辺の動きを感知。職員はスマートフォンで入所者のシルエット画像を確認して転倒や事故に備える=青森県むつ市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 介護などケアの現場にもロボットや人工知能(AI)といった新しいテクノロジーが導入され始めている。人手不足の解消や負担軽減のため、国も導入を促す。だが、現場の受け入れ態勢や効果が得られるかなど課題も多い。ロボット導入の現場から報告する。

 介護ロボットは現在、高齢者の移動や入浴介助、見守りなど介護業務を補助する機器▽食事、歩行など高齢者の自立支援を行う機器▽コミュニケーションを支援するロボット--が実用化している。さらに、AIを搭載した排せつ予測アプリや、睡眠状態を把握しデータを蓄積する機器も登場。ケアプランを自動作成するAI開発に取り組む介護事業者もある。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです