メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
坂村健の目

公文書、紙から電子的管理に

 米国立公文書記録管理局(NARA)は、連邦記録法に基づき、大統領が上院の同意を得て長官を任命する独立機関。各政府機関に文書移管命令も出せる強い権限を持つ。使命は「人々が文書遺産を発見し使用し学ぶことができるように、政府の記録を保護し保存すること」で、そのために「連邦政府の政策・業務処理の完全な文書化」を目標としている。

 公務のメールもすべて対象となる。2015年に発覚したヒラリー・クリントン元国務長官のメール問題は、…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです