メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーリング

日本混合ダブルス選手権 藤沢・山口組連勝 1次リーグ

藤沢(左)の放ったストーンをスイープする山口=青森市のみちぎんドリームスタジアムで2018年3月14日、喜屋武真之介撮影

 カーリングの日本混合ダブルス選手権が14日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで開幕して1次リーグが行われた。今大会は平昌冬季五輪で銅メダルを獲得した女子のLS北見と、男子代表のSC軽井沢クの選手がペアを組み、日本カーリング協会の推薦枠で出場。藤沢五月・山口剛史組は長野県のペアに8-1、青森県のペアに14-1と連勝した。ともに1試合だった吉田夕梨花・両角友佑組は岡山県のペアに3-8で敗れ、吉田知那美・清水徹郎組は山形県のペアに8-1で勝利した。

 1次リーグは17日まで行われ、18日に準決勝・決勝がある。優勝チームは4月末にスウェーデンで開催さ…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです