メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

Jリーグ・ルヴァン杯 1次リーグ FC東京・久保、J1初ゴール チームの初勝利導く

 期待の16歳、FC東京の久保にJ1公式戦初ゴールが生まれた。見せ場に乏しかった試合で主役になり、チームに今季公式戦初白星をもたらした。

 後半25分から投入された後の同31分。ディエゴオリベイラが落としたボールを受けると、そのままスピードに乗ってペナルティーエリア内に切れ込み、ドリブルで敵の間をするすると抜けていく。左足を振り抜いてゴール右隅に突き刺した。久保は「あそこは自分が得意なコース。思い切って打てて良かった」と振り返った。

 16歳9カ月10日での得点は、リーグのカップ戦では2005年に森本(当時東京ヴ)が記録した16歳10カ月12日を抜いて史上最年少となった。昨季途中にトップチームに昇格し、今季公式戦5試合目で初ゴールとなった。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです