メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

全国調査、歓迎と懸念 「資料だけでは限界」

 障害者らに強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)をめぐる問題は14日、政府・与党が全国調査に乗り出す方針を決めたことで、半世紀続いた手術の実態解明に向けて大きな一歩を踏み出した。しかし、手術を強いられた約1万6500人のうち都道府県に資料が残っているのは約2割しか確認されておらず、調査は難航が予想される。支援者らは「徹底した調査」を求め、専門家は「第三者機関による調査」の必要性を説く。

 「提訴をきっかけに、国会議員や政府が動いた。(同法が母体保護法に改正後)20年以上にわたる当事者た…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです