メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホーキング博士死去

「病は研究阻まない」 先進理論、学界に衝撃

仙台市のホテルで東北大の学生らと語らうホーキング博士=1993年7月、土佐誠・仙台市天文台長提供

 難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)で、体の自由や言葉を失いながらも宇宙創成の謎に挑み続けた「車いすの天才物理学者」、スティーブン・ホーキング博士(76)が死去した。先進的な理論で学界に衝撃を与えた一方、著書や講演で一般の人にも宇宙の謎を魅力的に語りかけ、気さくな人柄も相まってファンが多かった。

 大学院在学中にALSと診断され、車いす生活になったホーキング博士。1985年に気管切開手術を受け、声も出せなくなった。それでも音声合成装置を介して会話しながら研究を続けた。

 2016年には、光速の5分の1の速さで飛ぶ小型探査機の開発計画を発表。地球から4・3光年離れた太陽…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです