メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO

深い懸念表明 英国・結成後初の神経剤攻撃で

 英南部で元ロシア情報機関員らが神経剤で襲撃された事件で、欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は14日の声明で、1949年のNATO結成後、加盟国で神経剤使用の攻撃が初めて起きたことへの「深い懸念」と、英国との連帯を表明した。

 また、事件はロシアも加盟する化学兵器禁止条約(CWC)違反だと指…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです