メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7学会

「スマートミール」健康なメニューを認証

サケの西京みそ焼きを主菜としたスマートミールの例。エネルギーは740キロカロリー、食塩相当量は3・0グラム=東京都豊島区で下桐実雅子撮影

 日本栄養改善学会、日本高血圧学会、日本糖尿病学会など7学会は14日、栄養バランスのよい食事を提供する店や企業を認証する新制度を始めると発表した。栄養面の情報提供や店内の禁煙なども認証の要件としている。

 バランスのとれた食事を「スマートミール」と名付け、病気の予防や健康寿命を延ばすことが目的。社員食堂も対象で、企業が進める社員の健康づくりを食の面から支援する狙いもある。

 国が示している生活習慣病予防や健康増進のための食事の目安や、各学会の診療指針などを踏まえ、スマートミールの基準を作成。エネルギー量は1食あたり450~650キロカロリー未満▽650~850キロカロリー--の2段階で、主食、主菜、副菜などのパターンを基本とし、たんばく質、脂質、炭水化物の割合や塩分の量なども設定した。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです